数寄屋建築の伝統を、未来に伝えます。

日本が世界に誇る伝統文化、茶道。
その舞台となる茶室には長い歴史に育まれた茶の湯の美が表現されています。

茶道に作法があるように、数寄屋建築にも約束事があります。
それらを厳格に守りつつ時代に適応する茶室を造らねばなりません。
しかし日本が生んだ独特の建築でありながら
数寄屋建築に携わる専門家は減り続けています。

この伝統の灯を消してはならない・・・

大正初期から宮大工として活躍し寺社建築に
取り組んできた大九工務店はいま数寄屋建築に力を注いでいます。
ただ茶室を設計、施工するだけでなく建築中の茶室で
建築過程をすべて公開するなど
数寄屋建築の普及と継承のために多くの試みを行っています。

欧米の模倣や追随を離れ、和の本質を見直す時代。
大九工務店は数寄屋建築と寺社建築の伝統を未来に伝えます。

大九工務店の数寄屋建築5箇条

  • 日本伝統建築の知識と技術を活用
  • 数寄屋(茶室)に適した木材の厳選
  • 流派による相違に対応
  • 施主様のイメージを大切にご要望を実現
  • 防火および耐震性能への対応

新着情報

2012-04-11
ホームページオープンしました。
2012-04-11
茶室建築の現場見学されたい方はお気軽にお問い合せ下さい。